オノーレ・カンバ・バンビーノ!

オノーレ・カンバ・バンビーノ!

Onore Camba Bambino!

「オノーレ・カンバ・バンビーノ!」は、2004年4月に合奏が好きな子供たちが集まって結成され、それ以来、代々の子供たちに受け継がれて続いているアンサンブルです。メンバーには、那須塩原市やその他栃木県内から、小学生を中心に中学生や高校生が参加しています。

グループ名の「オノーレ・カンバ」は、斧(おの)が折れるほどに硬い樺(かば)の木という意味の「斧折樺(おのおれかんば)」からとった名前です。旧黒磯市が国産初のマリンバ「みやかわマリンバ」の発祥の地であり、この斧折樺が音板材として使われました。「おのおれかんば」は、今も深山ダム付近に群生しています。


オノーレ・カンバ音楽教室

すべてを見る