高橋 貞春

高橋 貞春

国立音楽大学器楽科卒業。クラリネットを大橋幸夫、小笠原長孝の各氏に師事。

1978年ウィーン音楽院卒業。ウィーン市室内管弦楽団クラリネット奏者、及び室内楽奏者として活躍。A.ロゼー教授に師事。

アメリカ建国200年に全日本選抜高校吹奏楽団の指導者として全米演奏旅行。

芸術現代社「音楽現代」の演奏批評やソロ・リサイタル、邦人作品の初演等、数々のコンサートを行っている。

高崎芸術短期大学助教授を経て、現在は吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト、日本クラシック・コンクール等の審査員。日本クラリネット協会理事。